<< 一般的に年度末で決算で | main | 車を処分する際の査定に >>

雨天や曇天夕方など

0
    雨天や曇天、夕方など暗いときに査定して貰うと、車のキズなどのアラ隠しになって高めの鑑定がつきやすいという噂があるんです。
    しかしながら、買取業者もそれは承知なので、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほウガイいでしょう。
    また、よく手入れされた車両というのは晴れた自然光の下では断然見栄えがします。
    以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々短所もあれば長所もある訳で、雨天鑑定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。
    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、ディーラーによる下取りか、ユースドカー買取業者への売却です。
    コレまでの車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで業者間の競争心を煽り、結果的に高値で売却することも可能です。
    ではディーラーによる下取りはどうかというと、一社のみの独占ですので高額な金額はつきにくいです。
    ただ、購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。
    その時の状況にあわせて柔軟に選択するとよいでしょう。
    出来るだけ多くの業者に車を鑑定して貰うという行為は、ユースドカー屋に車を高く買い取って貰うためのセオリーだといわれています。
    では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、交渉次第というところもあって単純には決められません。
    多数の見積り額を集める意義は、相場を知って買い叩きを回避するためと、競合を行わせ価格のつり上げをはかることです。
    これらの点を踏まえれば、少なかろうと多かろうと構わないでしょう。
    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、還付の条件を満たしていれば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。
    一定の条件というのは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。
    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。
    さらに、還付金がある場合でも自動で口座に振り込まれたりする訳ではないのです。
    自賠責保険会社に対して自らが手間をかけて手つづきをしなければ一向に還付されることはないです。


    netdesatei * ネット車査定 * 11:21 * comments(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 11:21 * - * -

      コメント

      コメントする









      このページの先頭へ